将来の夢がアンパンマンだった檜山沙耶キャスター

 ぶっとびお姉さんとして名を馳せている檜山沙耶キャスターは、小さい頃の将来の夢はアンパンマンだったそうです。

 以下は白井ゆかりキャスターとのクロストークの内容です。

ゆかりん
ゆかりん
さやっちは小さい頃の夢とか憧れの職業とかありましたか?
さやっち
さやっち
小さい頃ですか?
アンパンマンでした
ゆかりん
ゆかりん
カワイイ~
女の子ってもう少し女の子らしいキャラクターとかを言いそうですけど
さやっち
さやっち
確かに
ゆかりん
ゆかりん
アンパンマンだったんですか?
さやっち
さやっち
アンパンマンだったみたいですね
パンを配りたかったんでしょうね
ゆかりん
ゆかりん
配りたかったのか
カワイイですね
さやっち
さやっち
ゆかりんさんはありましたか?
ゆかりん
ゆかりん
本当に小さい時はケーキ屋さんとかお花屋さんでした
その後は客室乗務員に憧れていました
客室乗務員になりたかったお天気お姉さん
 白井ゆかりキャスターの小学生の頃の夢は客室乗務員になることだったそうです。  小学校の卒業文集に国内便でも海外便でも良いので、CAになりたいと書くほど憧れの存在だったと語っています。 ...

 檜山さんはアンパンマンの他にもお花屋さんパティシエといった人気職業に就きたいと考えていたことがあったそうです。
 アンパンマン以外は普通ですね。
 今はユーチューバーになりたいと言う子供が少なからずいて、まだ20代の檜山さんですが時代の流れを感じているようです。

檜山沙耶キャスター初エッセイ
タイトルとURLをコピーしました